読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是讃日

ものづくりのまいにちはすばらしい。

「手紙」 終了に際しまして

公募企画展/201611

大変恐ろしい話です。
ついに、師走の足音が…!!!

どうしましょう!!!

1年ってこんなに早かったっけか…

 

*****

 

改めまして。

「手紙」展、無事に終了しました。

お越しいただいたみなさまにお礼を申し上げます。
ありがとうございました。


今回もなんとか在廊出来ました。良かった。


ご意見・ご感想もいただいて、ありがたい限りです。

 

地方紙の方々もいらしてくださり、

わたくし、たまたまそこにおりましたので
作品と共に写真も撮っていただき、ウェブ上に載ってしまいました。

なんと恥ずかしい。。笑

 

*****

 

今回は、作品の一部分ではありますが、
インスタグラムにカラーで載せてみました。

どんなかんじか、見ていただけると幸いです。


今回は出展点数が決まっていなかったので、
どれだけつくるか迷ったのですが。。

デジタル寄りとアナログ寄り、2種類を出させていただきました。

片方が人気で片方は微妙…ということはなかったかと
自負しているのですが。どうでしょう。。笑


デジタル寄りは、切手をモチーフに。
昔の外国の切手のイメージで。ちょっと古めかしく。

メインに葉っぱを選んだのは、
イメージが太古の昔まで飛んでしまったためです…笑

背景も空とか海とか、自然のイメージでした。実は。。


アナログ寄りは、夜の海のイメージで。
近付いて見るのと、遠目で見るのとで違ったかんじを。

文字に用いた刺繍糸が4色使いだったことに驚いていただけて、
わたしは満足です。笑

 

*****

 

自分らしいものをつくっていきたいですね。

出る杭になりたいです。

それは打たれる運命ですが、
出過ぎれば打てなくなりますから。

周年を迎えて思うことなど

ついに降雪の季節がやってきてしまいました…

仕舞い込んでいた、ニットとヒートテックと手袋なんかを表に出しました。
この冬もなんとか乗り切れますように…

 

*****

 

11月末です。
初めて作品をつくってから、1年が経ちました。

昨年末、友人に誘われてグループ展を開催しました。

当時は何もわからず右往左往していただけだったのですが、

あれから1年、
少しずつではありますが作品をつくり続け
ギャラリーさまの企画公募に出展もさせていただき

いろんな方に顔や名前を憶えていただき
作品に感想をたくさんいただき


あの時、勇気を出してみた甲斐がありました。

今、とても、幸せです。

今後の課題はたくさんたくさん、ありますが
先ずは、この1年間の出来事に感謝を。

ありがとうございました。

 

*****

 

次はですね、第2章として。展開をしたいですね。

コンテスト的なものに応募できるようになりたい。
賞などはともかく、先ずは応募しなくちゃ始まりませんから。

あとは、気軽に買える小物をつくったりもしたい、です。


来年の11月下旬(2周年記念)には、
個展をしたいです。したいというかしようと思っています。

どこのギャラリーさまで開催するかはまだ決めていませんが。

新作は置かず、それまでの2年分の作品を飾りたいな…と。
いっぺんね、全部並べてみたいのです。

自分の歴史と向き合いたいと。思っていて。

わたしのそんな我が儘にお付き合いくださる方がいらしたら。
是非、お越しくださいませ。

 

*****

 

この下書きをしながら悩み始めてしまったのですが

時期を早めて、初夏に1.5周年記念にしようかしら…とか。。。

インスタレーションぽく、壁一面を飾りたいな…とか。。。

夢は尽きない。

「手紙」 出展のおしらせ

公募企画展/201611

あれよあれよという間に11月も半分が過ぎまして。
朝晩は寒くなってきましたね。
いよいよ冬かぁ…と思うだけで、もう寒い。

冬は苦手です。冬眠したくなるから。

 

*****

 

寒さに負けずに。次の展示のお報せです。明日からでございます。

告知が大変遅いです。すみません。。。

 

企画公募展 「手紙」


11/18(金)~11/27(日)


ギャラリーと雑貨・太陽とハリネズミ

大阪市阿倍野区天王寺町北2丁目2-7-3F

06-6777-0924

http://taihari.com

金土日の12時~19時オープン
(月~木はクローズ)

 

*****

 

夏に続き、今年3度目のタイハリさんです。
今回は“手紙”がテーマ。

書かなくなりましたねぇ、手紙って。

電子メッセージの時代ですからね。
ギリギリ、年賀状とか何かの御礼状くらいでしょうか。

モデルさんとかはSNSでしょうけど、
作家さんや漫画家さんへのファンレターなんかは、今もあるんでしょうか?
あ、ラジオへエピソード投稿、なんてのも今はネット経由?


子どもの頃はね、わたしは特に女子でしたので、
文房具屋さんとかで便箋や絵葉書を選んで
シールを貼ったりイラストを描いたり。
みなさまにも覚えがあるのではないかと。

宛名と住所を書いて切手を貼って、ポストに投函して。
ちゃんと届いたかいつ返事が来るかと、どきどきわくわくするあの感覚。

電子メッセージも同じ感覚にはなるんですが。
手書きの文字の味わいっていうんかしら。特別感というかね。

 

媒体は何にしろ、言葉を届けたい相手って、みんな一人くらいはいるんじゃないかと。
わたしは思っていて。

近況を聞きたい、近況を知らせたい、感謝を伝えたい、励ましを伝えたい、

何かしら、ね。


今回の展示で、
そういう誰かを、言葉を、思いを、
考えるきっかけになれば。幸いです。

ちょうど年賀状の準備の季節ですしね。
紙の温もりも、ひとつ。いかがでしょう。


お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

「石フェス!2016」 終了に際しまして

公募企画展/201608-09

9月が終わってしまいますね…

締めの日記の続きですよ…
ひとつ前の記事の続きですよ…

もう記憶が薄れてきていますよ…

 

*****

 

わたしのこの夏の展示、もうひとつ。アトリエ三月さま。

こちらに出させていただくのも2回目。
雰囲気にもちょっと慣れてきました(順応が遅いタイプ)。

こちらにも出来るだけ在廊してみました。

が。が。。

観光地という場所柄、来られた方が一見さんなのか常連さんなのか、
未だにわからない。全然わからない。

なので、在廊中は、めっっっちゃ気疲れしました…

今だから言います、わりとドキドキしっぱなしでした。

失礼なことを話しかけていましたら本当にすみませんです。。。

 

*****

 

今回の企画は、大阪と神戸と3会場で共同主催の企画だったのですが。

折角ですので、他の2会場も伺いました。
初めて伺うギャラリーさんって緊張しますね…(当たり前か)

いろんな作家さんのいろんなアプローチを見て、勉強勉強。
同じテーマとはいえ、まるで違う切り口で面白い。

作品そのものだけでなく、モチーフや素材に対する姿勢についても
感じるところが多々ありました。

こういう企画も、また出てみたいですね。

 

*****

 

こちらのギャラリーさまでも、己の改善点等々、
多少は良いかんじに終えられたのではないでしょうか。


わざわざ足を運んでくれた友人からの感想と
初めて作品を見てくれた方の感想と

どちらも身にしみるものばかりで。

総合的には、良くも悪くも相変わらず…といったところでしょうか。

根本は変わらないものですね。


ご覧くださった全ての方へ。ありがとうございました。

 

*****

 

こちらもお土産につくったシール。↓


このシールセットはですね、(なんと3枚入りですよ)
プチ思い出を持って帰っていただけたらなぁ、という
押し付けがましい思いから作成しました。

なので、在廊中にお話しできた方にのみ、押し付け(お渡し)しました。

しかし、チキンゆえ、お話しできても躊躇ってしまったり。。
なので、わりと余っています。笑

f:id:megmee87:20160928045103j:image

「ココロのイロ」 終了に際しまして

公募企画展/201608-09

夏が終わって秋になろうかという最近ですが

今夏の思い出などを書こうかと思います…

また、この締めの文章を書いていなかったので、、
遠い記憶になってしまいますが…

 

*****

 

今月頭にですね、先月末から開催でしたギャラリーでの展示がふたつ、終了いたしました。

ご覧くださったみなさま、
一緒に展示してくださった作家さま方、
お世話になりましたギャラリーさま、
誠にありがとうございました。


“わたしの第2章開始”と勝手に位置づけた今回でして。

「第2章は在廊もしっかりしよう」と勝手に息巻いていたわけでして

こんなに連日、在廊したのは初めて。
人見知りで緊張しいの自分は、若干の人酔い、、、笑

お相手してくださった方々には本当に感謝しております。

 

*****

 

先ずは、ギャラリーと雑貨・太陽とハリネズミさま。

ワークショップでお世話になっています。

実はこちらでの展示は、まだ2回目だったのですが。

なんとも素敵な安心感。
まるで我が家のようなゆったりっぷり…(すみません)

交流会にも遅ればせながら参加させていただきまして
楽しく過ごせました。

今回、子育て中な作家さまが沢山いらして
きっと凄く忙しいであろう毎日の中、つくっていらっしゃることに衝撃と尊敬でした。

見習わなくては…

 

*****

 

前回、悔しかったり反省したりな、いろんなことは。
少しは解消できたと思います。

そういった気持ちは、この先も忘れずに。いけたらよいです。

こちらのギャラリーさまには、
また、展示やワークショップやでお世話になる機会がありますので
いろんなご縁が広がると嬉しいです。

ありがとうございました。

 

あ、余談。
お土産につくったシール。↓


今回の作品を小さく、簡単な(?)雰囲気に。しました。

f:id:megmee87:20160928045035j:image

現代短歌サークル 「短歌の会・9月の部」

現代短歌ワークショップ

深夜に甘栗を食べながら書いています。
書きあがる頃には明け方でしょう…

夏の終わりがひたひたと近付いてきているのを感じて、
無性に悲しくなっているわたしです。

夏が、好きだ。(告白)

 

*****

 

この3連休に、恒例となってきました「短歌の会・9月の部」を開催させていただきました。

ギャラリーの太陽とハリネズミさま、ご参加いただいたみなさま、
いつもありがとうございます。

 

*****

 

今回はこれまでと流れが違いまして
初めての試み、宿題で作歌をしてくる…という形でした。

しかし、私自身もそうなのですが、
一人で考えていると迷宮入りしてしまうことがしばしばでして

みなさま、ご自宅でなかなかの苦戦だったようです。。


ギャラリーで雑談をしながらヒントを得て、
詠んできたものを膨らませたり
イチから詠みなおしてみたり、と
またも苦戦に突入。。


苦戦ではあるのですが、こういう場があると、
自分とは違った視点や思いもかけなかった言葉選びに出会えて
新しい気付きがあるので
とても面白いです。

初めての方にも、いつも来てくださる方にも、
そういった気付きや面白さが伝わっていると嬉しいです。

 

*****

 

出来た歌は持ち帰って最後の推敲をしまして、

各自清書(前回からの書道です!)して送ることとなりました。

どんな仕上がりになったのでしょうか…
楽しみです。

そして、歌会始での結果ですね!
これは年始までのお楽しみ。

 

*****

 

さて、半年程続きました短歌の会も、
目標だった歌会始への応募ができた今回で、一区切り。

お会いできました全ての方に。ありがとうございました。

次回からは、次なる目標を据えてやりたいと思っております。

内容も少し変えてみようかしら、どうかしら。とか。
完全宿題制とか?ゲーム要素とか?

「これやりたい」という案が何かありましたら、
いつでもお知らせください☆

展示作品の解説と第2章開始のはなし

公募企画展/201608-09

台風ですね。
大雨が降って、朝晩は涼しくなって、夏の終わりの気配が。
切ない気分になります。

わたしは体調不良も相まって、ひきこもりーぬ。

体のあちこちが痛いです。
なかなかの弱りっぷりです。

 

 

*****

 

 

さて、展示も前半が過ぎまして
ご覧くださった方々には、感謝感謝でございます。

みなさまの目に、わたしの作品はどういう風に写っているのでしょうか…

不安と期待でもやーんもやーん。


在廊して、可能な限りはご説明させていただいているのですが
それでも多分、伝わることって半分にも満たないのかもしれない。

けれども、全く想像の余地がない作品では鑑賞しても面白くないし
それはわたしもなんか悔しいし、笑


キャプションやブログで少しはご説明しているので
なんとはなしに伝わっていれば良いなぁ、と思っております。

 

 

*****

 

 

そうそう、キャプション、載せておきますね。

 

 『ちゃいろなこころ』

 色彩心理学において、茶色が好きな人とは。

 温かみがあり
 落ち着いた感のある人で
 保守的な考え方をもち
 堂々として立派であるべきだと思っていて
 責任感があり
 人助けをしては頼られ、嬉しく思うも
 口下手で
 自己表現が下手で
 自己犠牲で相手に尽くしてしまい
 本心を隠している

 …という人だそうです。

 さて、わたしは当てはまる…?

f:id:megmee87:20160830231925j:image

 

 『路傍の石の彼女』

 「路傍の石
 昭和初期、戦前の、とある小説の題名であります。
 逆境にありながら誠実さを頼りに生き抜いていく
 少年の姿を書いた物語です。

 形容詞として、「路傍の石のような」と言えば
 存在感の無い、影の薄い、空気の様な、
 つまり道端の石ころほどの価値しかない…。

 それでも、人は、彼女は、生きていく。
 きっと、いろいろな出来事に遭遇します。

 ところで、この小説は未完です。
 立ち上がり歩き出した彼女は
 どこへ向かい、どこに辿り着くのでしょうか。

 それは、彼女しか知りません。

f:id:megmee87:20160830231937j:image

f:id:megmee87:20160830231947j:image

*****

 

 

ここからは妄想全開の話なのですが

今回、個人的には“わたしの第2章の始まり”でして

あ、逃げないでお願い

“こないだまでのわたし”は、GW時の展示の終了とともに、終わりを迎えました。

「新しいステージへ行こうぜ、わたし」っていう。
個人的なキャンペーン中です。


前回の展示までの半年間で、計3回、展示を行いまして、
試してみたい手法でつくってみたり
交流の場を広げてみたり
この世界を見てみて、

勉強期間というか、下積みの下積みの下積みというか、

それは一旦、半年で区切りまして。
今回からは下積みの下積み期間に入ろうかなぁ、と。

思った次第です。

そして再来年辺りには、第3章に移れるように。


いろんな挑戦をしていきたいですね。
新しいわたしをよろしくです。えぇ、うん。はい。

 

というかんじで。